TanaLifeの町田ゼルビアブログ

ようこそ。FC町田ゼルビアをちょい熱で語ります

2018 J2ドラフト会議 後編 〜哲学者の宴 愛すべきカオス〜 (指名4〜11巡目)

カオス渦巻くJ2ドラフト会議。前編はこちら。

zelvialife.hatenablog.com

〜おさらい〜

運営は焦る。参加者の志向が個性的過ぎてクジ引きは1回のみ。その中で私はイバこそYOSHIKIさんに獲得されるも求めるチームの骨格は作り上げる事が出来た。そしてエンタメ的にも町田ゼルビア枠を上手く利用できたことに満足感が湧き始める。

TanaLifeの野望は次のフェーズに移行する…

ウェーバー方式 (4~11巡目)

4巡目からはウェーバー方式での指名です。1→10と10→1の順を交互に行う早い者勝ちの指名方法、獲られる前に獲るのサバイバルバトル!順番は以下の通り。

1.ジェイさん
2.ゼロファジさん
3.Ryu-Yさん
4.YOSHIKIさん
5.YAMADAさん
6.トリさん
7.C&Dさん
8.TanaLife
9.とめさん
10.とりさわさん

私の場合7→1→7の抽選で計14名の候補が一気にリストから消えてしまいます。リストとにらめっこしながら他の方の選出パターンを考えて先に獲ったり候補を変更する臨機応変な思考力が必要なのかなと考えていました。実際やってみると全員の指名のスピードが速く焦ります(長考してもOKだけど)。つまり

死にに来たか、TanaLife!!

○○!(←お好きな参加者さんをどうぞ)

えぇーい!

ぬかったな、TanaLife。

こんな所で朽ち果てる己の身を呪うがいい。

そうかな?

もしも、私の元へ来る意思があるのならば。

何を言う!

道を誤ったのだよ。貴様の様なニュータイプのなり損ないは、粛清される運命なのだ!分かるかー!

まだだ。まだ終わらんよ!

となる訳です。いや実に面白いルールでした。

ちなみにGK以外のポジションで候補が全て獲られてしまった場合に備え、いつでも土岐田洸平の名を出す用意はしていました。

ここからは今回も私の狙いを中心に書いていきたいと思います。

4位指名 左WG アラン ピニェイロ (東京V)

f:id:TanaLife:20181117025546j:image

アランピニェイロ 2018 選手データ | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

希望通りアラン・ピニェイロの獲得に成功。3トップのWGとして起用します。右か左かは他の選手次第。質の高さとフィジカルを兼ね備え得点力も高いため圧縮攻撃のフィニッシュ役としても期待出来ます。

ここら辺で私の方針にお気付きの方も多かったことでしょう。

バレバレですね(笑) ゼルビアに足りない質的優位をまず確保し、その上で打倒ポゼッションのスタイルを継続させる方針でした。私は「助っ人」が好きですし

CAの力で相手を圧倒するのだぁぁぁぁぁっ!!!!!

と言うロマンを取り入れない訳にはいかないのである!( *`ω´)

(現実の世界線ではまずインフラ整備のための投資を優先するはずなのでご安心を( ͡° ͜ʖ ͡°) )

以下の選手を候補に入れていました。

🈯️アラン・ピニェイロ(東京V) ❎マテウス(大宮) ❎前田 大然(松本) ❎泉澤 仁(東京V) 高井 和馬(山口) ❎神谷 優太(愛媛)

大宮のマテウスかアランにするか迷いましたが、180㎝と身長が高いのがポイントでした。また、第1プレッシャーとして機能するかも考慮しました。どちらもフィジカルを活かした前線の守備力はありますが、ロティーナ監督から学んだ理論を備えていると信じてアランを候補に入れました。

他の参加者の指名は相変わらず色濃い…。むっくんや三鬼が4位で指名された驚きがありましたね。特にとめさん、ゼロファジさんのチーム作りは全く予想できません💦

5位指名 左WB 田中 達也 (熊本)

f:id:TanaLife:20181117025557j:image

田中達也 2018 選手データ | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

最初に5位にピックアップしていたのはエデル・リマでしたが作戦変更。ロアッソ田中達也が先に奪われると思い指名プランを変えました。

遂に開花したサイドアタッカー。スピードのあるドリブル突破を備え、シュートとクロスも磨きがかかってきた印象です。今年は中島裕希と同じ位の成績を残していて、冬の移籍の注目株になると思います。

右WBが主戦場ですがロアッソではシーズン後半に何度か左WBに配置していた様です(見てない)。右WG、左右WBが可能のため、5位で指名する方もいるだろうとリマより先に指名することにしました。

f:id:TanaLife:20181118164434j:image

いました(笑)

あぶねーと思ったのも束の間、リマはYAMADAさんに奪われてしまいました。リマの代役については後ほど。ちなみにジェイさんは5位で田中達也がダメならリマを指名しようとしたそうです(やったぜ!)。

(そして結果的にはとりさわさんがサチローを奪われて打撃を受けることに笑)

田中達也は出来れば左WBに配置したいので候補としては以下をリストアップしています。

🈯️田中 達也(熊本) 石原 崇兆(松本) ❎表原 玄太(徳島) 星 雄次(大分) 渡邊 泰基(新潟) 安田 理大(新潟) ❎沼田 圭悟(金沢) ❎福村 貴幸(岐阜) 黒木 晃平(熊本) 瀬川 和樹(山口) 鳥養 祐矢(山口)

WBにコンバートしたいSBも候補に入れて数を増やしました。どの選手を指名しても面白そうです。

6位指名 右WB 松本 怜 (大分)

f:id:TanaLife:20181117025611j:image

松本怜 2018 選手データ | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

リマが獲られたのでプランを変えて7位で指名する予定の右WBの獲得を狙いました。スピードがあるクロッサーのレイチェルこと松本怜を指名しました。ゼルビアはトリニータの右を起点とした攻撃に特に苦労したため選出しました。今シーズンは10アシストしており今後が楽しみな選手です。

右WBの候補です。

🈯️松本 怜(大分) ❎北爪 健吾(横浜FC) 岩上 祐三(松本) ❎石櫃 洋祐(京都) ❎酒井 宣福(大宮) 田向 泰輝(水戸) ❎前 貴之(山口) 毛利 駿也(金沢) 小池 純輝(愛媛)

右WBは左に比べて守備も重視した人選を心がけました。ゼルビアに不足しているスピードのあるサイド選手が揃いホクホクやで!

7位指名 CB 服部 康平 (栃木)

f:id:TanaLife:20181117025629j:image

服部康平 2018 選手データ | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

両WBが決まったのでもう1つのゼルビア枠を残しつつ、後ろの選手を固めます。鈴木や井林など人気銘柄のDFは既にいませんが私が注目している選手はまだ指名可能でした。

7位指名の服部康平は町田の少年チームの出身であるのでサポーターを唸らせようと有力候補にしていました。元々FWですが栃木でCBとして大成しつつあり、そして空中戦がエグいため深津康太の役割を期待します。ニア位置からフリックでアシストすることも可能。

CBは出来ればビルドアップ能力も欲しいですがそうなるとリストアップ出来る選手が少なくなります。以下はポゼッション系CBのとして考えていた候補です。

❎鈴木 義宜(大分) ❎井林 章(東京V) ❎福森 直也(大分) ❎竹田 忠嗣(岐阜) 刀根 亮輔(大分) ❎近藤 直也(千葉)

獲得をするためには指名順位を上位にする必要があり質の高い前線の選手が獲得できないリスクがあるため避けました。栃木クラスタYOSHIKIさんが服部を指名するか読めなかったので7位にしました。

8位指名 CB ヘニキ (栃木)

f:id:TanaLife:20181117025638j:image

ヘニキ 2018 選手データ | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

8位は栃木から連チャンでヘニキを指名。もともとリマで考えていた左側のCBとして配置します。リマは攻撃参加に特徴があり、相手の守備を混乱させるポジショニングに特徴があります。

ゼルビア戦のヘニキはリマとはスタイルが違えど攻守に渡り至る所に出没して物凄い活躍だったで、カウエ枠だけでなくファイヤーポジションのリマ枠でもリストアップしていました。アディショナルタイムには前線の起点に。その他には田中達也の後ろをカバーする大谷尚輝のような役割も担ってもらいます。

リマ枠の候補は以下に加えヘニキでした。外国籍選手枠を利用する事を決めていたので日本人選手は候補外としました。

❎リマ(甲府パウロン(栃木) ❎カルフィン ヨン ア ピン(横浜FC) ブエノ(徳島) ゲリア(千葉) エベルト(千葉)

キャラとどちらにするか迷いましたが町田が栃木の守りを崩せなかった点でヘニキにしました。指名直後にとめさんがキャラを指名します。

f:id:TanaLife:20181118130451j:image

その手があったかぁ!(笑)

9位指名 CB 栗山 直樹 (山形)

f:id:TanaLife:20181117025649j:image

栗山直樹 2018 選手データ | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

ああああああぁぁぁぁっ!!!!

f:id:TanaLife:20181118133711j:image

いやあああぁぁぁ!!!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

京都サンガクラスタRyu-Yさんに中島裕希を奪われるとは全く想定しまてせんでしたぁぁぁ涙

私の狙いは最後に大天使裕希さんを降臨させて皆さんにヒャッハァァァー!!!Tanaさんさすがやぁぁぁ!!!とハッピーエンドで締めくくろうと温めに温めておいたのです…(>_<)

おっしゃる通り…さーせん…

それは仕方ないとして栗山直樹です。山形の守備をまとめるディフェンスの核。そして出場は無いもののゼルビアに加入していたのもあり注目していました。

空中戦の能力が高く、スピードは無いのですが先読み能力が高くカバーリングに優れているため酒井隆介の役割を担ってもらいます。

パワー系CBの候補として以下をリストアップしていました。

🈯️服部 康平(栃木) 🈯️栗山 直樹(山形) ❎細川 淳矢(水戸) 林堂 眞(愛媛) ❎飯田 真輝(松本) 伊藤 槙人(水戸) ❎庄司 朋乃也(金沢) ❎河本 裕之(大宮) 作田 裕次(金沢) 大武 峻(新潟) 竹内 彬(讃岐)

自陣ビルドアップを考慮しなければ空中戦に強いCBは結構ピックアップできました。それ故に他の参加者さんが注目のCBを上位に選ぶ隙に前線の選手を指名し、守備陣は様子を見る作戦を採用していました。裕希さんについては誤算で、私も陸遜に手紙を送ろうと思います。

10位指名 GK 塩田 仁史 (大宮)

f:id:TanaLife:20181117025701j:image

塩田仁史 2018 選手データ | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

裕希さんショックはあるもののゼルビア枠でハッピーエンドとするため最後にしようと思い先にGKを決めます。J2のGKはポゼッション能力を念頭に置かなければ実力差はあまり無いと考えていました。なのでゼルビア枠は福井以外で利用することは決めていました。

最初に気になっていたのは愛媛レンタル中の岡本でしたが、ドラフト前にあった愛媛×町田でゼルビアが勝利したためプランを変更。カマタマーレの清水にするか悩みましたが、私のお気に入りであり熊谷でのゼルビア戦で福井と神懸かりなセービング勝負を披露したぐぬぬぬ塩田で行くと決めました。かつて東京で代表クラスの土肥洋一からレギュラーを奪い活躍した姿は忘れられません。今は分かりませんが昔からロングフィード精度は高いです。

GKの候補は以下となります。

❎岡本 昌弘(愛媛) 🈯️塩田 仁史(大宮) 清水 健太(讃岐) ❎守田 達弥(松本) ❎上福元 直人(東京V) 藤嶋 栄介(山口) 白井 裕人(金沢) ❎笠原 昂史(大宮) ❎高木 駿(大分) 松井 謙弥(水戸) 佐藤 昭大(熊本) ❎梶川 裕嗣(徳島) 清水 圭介(京都) 金山 隼樹(岡山) 圍 謙太朗(福岡) 大谷 幸輝(新潟) 一森 純(岡山)

ルールでは外国籍選手の枠が4なのでGKに利用しようとも考えました。構想の始めは新潟のアレックス・ムラーリャを候補にしていたのですが他で枠を利用したくなり日本人GKをリストアップしました。

11位指名 右WG 杉森 考起 (町田)

f:id:TanaLife:20181117025710j:image

杉森考起 2018 選手データ | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

最後はゼルビア枠です。上述した通り元は裕希さんを右WGとして指名するつもりでしたがそれ以外のプランを強いられることとなりました。裕希さんの役割を担える選手はほとんどいません。船山が近いかなと思っていますがYAMADAさんに1位指名されています。

まず考えたのは田中達也を獲得できたので右WGに移して左WBを獲得し直すプランです。山雅の石原など有力選手が残っています。しかしゼルビア枠を余らせる訳にはいかないのです!

私の脳内で土岐田洸平がアップを始めましたがもう少し熟考。爽やかイケメン枠かつ守備能力は随一のおっくんを左WBする案も思い浮かびますが左サイドの攻撃が物足りなく感じ別の案に。裕希さんとはタイプが違えど、人によってはここまで名前が挙がっていないのがおかしいと思うはずの杉森考起を指名しました。

ゼルビアのスタイルに嵌まらず苦労をしていますし裕希さんと比べてしまうとまだ決定力(特にヘディング)、クロス精度、トラップなど課題があります。しかし突破力はJ2トップクラス、課題面は他の選手に任せて相手守備陣を切り崩しゴールを狙ってもらいます。突破ができなくてもCKを獲得できれば平戸に祈るの出番。相手に脅威を与え続けることができます。また第1プレッシャー守備はゼルビアで身につけており問題ありません。

そしてカワイイ(●´ω`●)

杉森だ!杉森で行く!スマン土岐田!!

裕希さん枠は以下の候補を考えていました。

❎中島 裕希(町田) 🈯️杉森 考起(町田) ❎船山 貴之(千葉) ❎町田 也真人(千葉) 小屋松 知哉(京都) ❎田中 パウロ淳一(岐阜) 宮崎 幾笑(金沢) ❎仲間 隼斗(岡山)

興味のある選手はいたのですが、最後にゼルビア戦士で大団円にしたかったのです(笑)

かくして11人を選出しました。しかし最後の最後まで我々はこの男に全てを掻っ攫われてしまいます。

f:id:TanaLife:20181118153425j:image

f:id:TanaLife:20181118153437j:image

ドラフト前の煽り、岩尾&三幸の欲張り指名ときて、1発でエスナイデル監督のハイラインサッカーの印象を与えてしまうGK佐藤優也を最後の最後に指名www その後もジェイさんには有名人よりヒドイwwwと言われたり、ヨンジ本人からコメントをもらうなど1人次元の違う反響が巻き起こるのでした笑

チーム考察

指名したメンバーをシステムに落とし込むと以下になります。

f:id:TanaLife:20181117025200j:image

今年のゼルビアを上回るための新たなオプション5-2-3(3-4-3)で前線から圧を掛けてポジショナルプレーを志向するチームにボールを持たせません。このチームにゾーンディフェンスを仕込めたら最高じゃないか!

また日本人選手で固めるチームには質の高い選手で叩き、本当に組織的なチームなのか問いかけます。攻撃を封じられてもハイタワー勢揃いの平戸に祈る🙏で唐突にゴールをゲットします。

このチームで今シーズンの4-4-2ゼルビアを行うとこうなります。

f:id:TanaLife:20181117025214j:image

コンパクトスタイルもイケるイケる!(^^)

人気投票までがJ2ドラフト会議

Twitterのトレンド入りもしたそうでその注目ぶりに驚きましたが実に楽しい時間を過ごさせていただきました。それぞれのチーム志向が本当に色濃く出ていてどのチームも面白い構成だったことに感心しています。いやぁ楽しかった!

改めて見事な運営をしてくださった

せこさん、TDKさん、シライさん

参加者の

ジェイさん、ゼロファジさん、Ryu-Yさん、YOSHIKIさん、YAMADAさん、トリさん、C&Dさん、とめさん、とりさわさん

そしてご覧いただいた皆さま

本当にありがとうございました!これでお終いでなく、お気に入りのチームの投票決戦があります。以下の記事よりぜひぜひ清き一票を投じてください‼️それでは⭐️

note.mu

こちらは感想戦記事のまとめページです。皆さんの志向が非常に面白いです!

note.mu

ゼルビアブログもJ1の舞台を目指します!
ゼルビアブログを世界へ!!
励みになるのでSNS拡散やクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

jleague-tube.hatenablog.com