TanaLifeの町田ゼルビアブログ

ようこそ。FC町田ゼルビアをちょい熱で語ります

2017 第32節 ファジアーノ岡山 vs 町田ゼルビア プレビュー

f:id:TanaLife:20170909030230j:image
公式サイトより

J2第31節。9/10(日) 18時にアウェイにて行われる町田ゼルビアの対戦相手はファジアーノ岡山です。前半戦の戦いでは先制しましたがオウンゴールでドローでした。その時のブログはこちらです。

内容は完全に勝っていただけに僕のタオルマフラーはとても悔しがっていました。ファジアーノは補強面を見てみると、正直もっと下位に行くだろうと思っていましたが、今年もプレーオフ争いに加わっているのは見事です。ゼルビアはシーズン序盤の時に勝ちたかったですね…。

重松 実戦復帰との報せ

Blogola の記事にさりげなく重松がこの前のトレーニングマッチで負傷から実戦復帰したと書かれていました。

第23節の水戸戦を最後にサブ登録されなくなったのはやっぱり怪我していた様です。気になっていましたが怪我が治って良かったです。前回のファジアーノ戦では見事なヘディングを決めました。また近いうちにゴールが見られるのを楽しみにしましょう。

片山瑛一のCB起用などで立て直す岡山

f:id:TanaLife:20170909030706j:plain
選手は前節のスタメンです

今シーズンのファジアーノは補強でセンターラインの維持はできていませんし、更に欠場選手が多い中で頑張っている状況の様です。何よりFW赤嶺が再び欠場と言うのが厳しいです。赤嶺の代役は夏に補強したアルゼンチンの長身FWオルシーニが起用されています。

WBの加地も欠場の様で、CBに入っていた澤口を移して、そのCBには何とFWの片山が起用されています。しかも11試合も。MFとしての出場もあるようですが、コンバート以降の敗戦はたった1試合です。岩政がいなくなれど堅い守りは健在の様ですね。

一方ゼルビアは吉田とヤザーが警告累積により出場停止となり、前節の勝ちの勢いを続けられるか注目です。ボランチは森村かハンジェが起用されると思います。FWが気になる所です。孝司で行くか、あるいは戸島を上げて平戸がSHに入ると言うのが無難でしょう。ヤザーのボランチ起用の様な積極的なテストを行うか試合当日が楽しみです。

セットプレーに加えて更なる得点を狙いたい

※以外のデータはFootball LAB より引用

f:id:TanaLife:20170909024856j:image

ファジアーノの前節までのサマリーです。得点と失点ともに平均が1.0で大崩れしないのが特徴です。長澤監督はFC東京の下部組織の監督やトップのコーチ経験で様々な選手のメンタル面を改心させてきましたからね。流石です。デポルティボ・ラ・コルーニャを率いたイルレタ監督に傾倒していて、苦境に置かれてもタフなチームを作ってきますね。攻守ともにセットプレーが勝敗のカギを握っています。続いてファジアーノの前節スタメンのデータです。

f:id:TanaLife:20170909024907j:image

アウェイ山形戦はシュートが3本しか撃てなかったもののセットプレーで先制しています。得点以降は攻め込まれる展開が続き、攻撃グラフが低く守備グラフが高くなる結果となった様です。ショートカウンターとオルシー二を起点とした攻撃に注意が必要です。

一方ゼルビアの前節スタメンのデータは以下となります。

f:id:TanaLife:20170909024916j:image

ロアッソのサイドアタックを髙原やマグの好守備で凌ぎつつ、裕希をチャンスメイカーにして吉田やMFがシュートまで運ぶ場面が見られました。得点力を高めるにはフィニッシャーが裕希になる様に攻撃を仕掛けたいです。またゼルビアもセットプレーが攻守ともに勝敗のカギを握るチームですので、まずファジアーノを上回る事が求められるのではないでしょうか。そして勝利するには更に得点を重ねる必要がありそうです。戸島やマグの活躍に期待したいです。

ゼルビアとファジアーノの戦いは引き分けが続いていますがゼルビアはまだ勝てていません。しかし前回はオウンゴールで追いつかれたのであり、やられた感じは全くありませんでした。ロアッソ戦での勝利を勢いに、今度こそ!今度こそゼルビアが勝利してくれる事でしょう!さあお次はアウェイの地で連勝を目指しましょう!! (続く→)

 

ゼルビアブログもJ1の舞台を目指します!
ゼルビアブログを世界へ!!
励みになるのでクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

広告を非表示にする