TanaLifeの町田ゼルビアブログ

ようこそ。FC町田ゼルビアをちょい熱で語ります

2018 第1節 京都サンガ vs 町田ゼルビア プレビュー

f:id:TanaLife:20180222190707j:image

J2第1節。2018年のJリーグがいよいよ始まります!2/25(日)15時に行われる町田ゼルビアの開幕戦の対戦相手は京都サンガです。

両チームのサポーターとも楽しみにしていた開幕戦。「そうだ 京都へ行こう」のノリで大勢のゼルビスタがアウェイの地に駆けつけることでしょう。そしておもてなしの精神が素晴らしい京都サポーターも快く受け入れてくれることと思います。

町田ゼルビアはJ2復帰から3年目のシーズンとなります。初見殺しで躍進した2016年。相手に研究され苦しみながら喰らい付いた2017年。そして2018年はどのようなシーズンとなるのか。昨年の内容からすると僕は心配の方が大きかったのですが、クラブはJ1を意識し6位以内を目指すと出陣式で宣言。これには勇気をもらいました。今は開幕にウズウズしています。

ちなみに前回の対戦は大黒にやられてしまいました。今回はアウェイでも勝ちに行きたい!

zelvialife.hatenablog.com

京都行きたかったなぁ。(´ω`)

ゼルビア始動

チームは1/11に始動しました。毎年ではありますが多くの選手がチームを離れ、そして多くの選手が新たなゼルビア戦士として加わってくれました。ゼルビアブログの中で最も遅いであろう移籍情報まとめです(笑)

f:id:TanaLife:20180223021625j:image
FC町田ゼルビア 2018移籍情報 | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~

ポジション別に戦力をまとめてみますと

(青字が新加入選手)

  • GK

福井、髙原、渡辺

福井は特別指定選手として昨年から加わっていたので戦力的には安定した状況です。守護神髙原のセーブは今年もチームを支えてくれるはず!そして若いGKの成長が楽しみです。

  • CB

藤井、チョン、深津、橋口酒井、(大谷)

DFラインの入れ替わりは毎年恒例。基本的には深津+誰かとなるでしょう。既存メンバーも含めて早くチームディフェンスに適応できるかが重要です。

  • SB

奥山、土岐田、大田、下坂小島、大谷、(酒井)

大田が長期離脱中ですが、全体的に選手層は厚そうです。下坂と小島をレンタルできたのは地味かもしれませんが、左サイドに新たな可能性を見出す意味で良い補強ではないでしょうか。相手のハイタワーFWがサイドに流れた際に防げるかは不安要素です。

  • CH

ハンジェ、裕大、ロメロ、森村、(奥山、平戸)

最重要の補強ポイントとして資金力が無いながらもロメロ・フランクを獲得。番記者さん達もゼルビアにフィットすると太鼓判。ゼルビアを1つ上のレベルに押し上げることができるか注目です。

ただベテラン勢のコンディションに不安があり、現在怪我人が出てしまうと開幕スタートに失敗する可能性があります。

  • SH

平戸、祐也、吉濱、土居、戸高、(杉森)

成長著しい平戸ともう一人と言う組み合わせになりそうな感じがします。昨年同様にFW選手が起用されることも考えられ、戦力的には不足感はありません。(偽サイドハーフとか戸島ロールとか名付けてしまおうか?)

土居、杉森の突破力に期待したいです。ゼルビアへの適応に多少時間が掛かっている様ですが、じきに昨年の平戸の様な急成長が見られるでしょう。

  • FW

杉森、孝司、ドリアン、ジョセフ、裕希、(祐也)

2大エース孝司と裕希のツートップが基本ですが、他のメンバーもスピードがありポテンシャルが高く物足りなさは感じません。やはりハイプレス時にどれだけ貢献できるかが重要なポイントです。

皆さんはどの選手に期待していますか?いずれの選手も非常に楽しみですね。ゼルビアに来てくれて本当に感謝です。

話は変わり、出陣式は新たな試みとして街中の屋外施設で実施しました。

www.zelvia.co.jp

ゼルビアらしさ溢れる出陣式だったと思うし、相馬監督が6位以内を目指すと宣言したときは「やってやるぞ!」とスイッチが入った感覚でした。僕のタオルマフラーも今年初の振り回しで強張ったコンディション(生地)を調整できた模様。闘う準備はできています。

それにしても出陣式の集合写真の武田治郎GKコーチ…。久しぶり見たが昔からこんな鬼教官ぽいイメージだったか!?そして武田コーチはキャンプ中の2/3に本物の鬼となりますw が「いやいや治郎さんには行けないよwww」と選手が持つ豆の袋は全て松本純一(既にMJ呼ばわりw)フィジカルコーチに向かうのでした。(FB限定動画をチェック!)

キャンプやトレーニングマッチの情報はゼルビア公式サイトや町田日和で確認しました。番記者の郡司さん全選手チェックはファンからすると特にありがたい。新戦力ではロメロが順調そうで、杉森やドリアンなどはまだフィットに時間を要しそうみたいですが頑張ってほしい!

ゼルビアが徐々にコンディションを上げていると確認できました。サポーターとしては後は蓋を開けるだけです。日曜日はよ来い(^ ^)

京都サンガの憂鬱

一方の京都サンガの今シーズンの移籍一覧は以下となります。

f:id:TanaLife:20180223154453j:image
京都サンガF.C. 2018移籍情報 | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~

昨シーズンの12位を払拭したいですが、一昨年は赤字らしく、影響しているのか大きな補強が無い印象を与えサンガサポーターを不安にさせています。こちらサンガサポーターさんの移籍評価です。

ameblo.jp

neige2000.seesaa.net

不安の最大の要因は今年も布部監督が続投するからですが、クラブはグランパスでも監督経験のあるボスコ・ジュロヴスキーをコーチに就任させ布部監督に補佐役を付けて成長を期待する方針をとりました。未知数の南米トリオと既存のメンバーがフィットするかがポイントでしょう。

このゲームはグランパスサポーターも気になる様です。両クラブにグランパスに関係のある選手やスタッフが多いからなんですね。グラサポさんはおそらくこんな感じでいる筈です。

f:id:TanaLife:20180223181248j:image

勝った方を全身全霊をかけて愛してあげるのが師匠スタイル!!

今年もゼルビアスタイルをご賞味あれ!

f:id:TanaLife:20180223183806p:plain

メディアの情報を集めてメンバー予想してみました。お互い4-4-2と予想されます。サンガはDFにスピードが無いのもあり守備ラインは低いらしく、攻撃は最終ラインから組み立てるスタイルの様です。

じゃあゼルビアは従来通りに行こう!

果敢にハイプレスをしてサンガのやりたいサッカーを封じ込めつつゴールを狙う。またスピードのある岩崎や小屋松そして湯澤にチャンスを与えない様にサイドチェンジを阻止する。今年も変態コンパクトサッカーをご賞味あれ!!

6位以内を目指すゼルビアはどの様なチームになったのでしょう。僕たちの心を動かしてくれるゴールはどれくらい見れるのでしょう。ゼルビアを誇りに思えるゲームにどれくらい出会えることでしょう。

答えはまもなく分かります。

さあいよいよ開幕です!今年もゼルビアを精一杯応援しましょう!! (続く→)

 

ゼルビアブログもJ1の舞台を目指します!
ゼルビアブログを世界へ!!
励みになるのでクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

広告を非表示にする