TanaLifeの町田ゼルビアブログ

ようこそ。FC町田ゼルビアをちょい熱で語ります

2018 第15節 栃木SC vs 町田ゼルビア プレビュー1 〜トピック〜

f:id:TanaLife:20180515224213j:image
フォトギャラリー:明治安田生命J2リーグ第14節vsカマタマーレ讃岐 | FC町田ゼルビア オフィシャルサイト
J2 20180321 VS FC岐阜|栃木サッカークラブ公式サイト【栃木SC】
J2 20180512 VS ヴァンフォーレ甲府|栃木サッカークラブ公式サイト【栃木SC】

J2第15節。5/20(日) 14時に行われる町田ゼルビアのアウェイゲーム。対戦相手は栃木SCです。

どうする!?町田から電車2本とシャトルバスでグリーンスタジアム行けるみたいだぞ!大谷の栃木は近いという口車に乗せられるべきか!?餃子の香りがするタオルマフラーをグリスタで振り回すべきか!?葛藤の結末は日曜日に分かる…。

第15節はこんな記事も書いています。良かったらご覧ください。

1.トピック 2.セットプレー分析 3.攻守分析 4.餃子分析 マッチレビュー

今週のトピック

今回はゼルビアレディースの話題を。5/6の横浜FC戦の時にゼルビアレディースの新体制発表会がありましたね。

【ZELVIA LADIES Diary~繋ぐ~】《#11/新体制発表会》 – NPO法人アスレチッククラブ町田

そして女子チームも先週末よりリーグ戦が始まりました。詳しくはないですが、どうやら「関東大学女子サッカーサタデーリーグ」と「東京都女子サッカーリーグ4部」と言う2つのリーグを戦うみたいですね。なでしこリーグへの道は後者のリーグを勝ち抜く必要があるみたいです。

ちなみに先週末行われたのは前者のサタデーリーグ。試合結果は1-1の引き分けでした。次のゲームは男子チームと同じ5/20に東京都4部が開幕するみたいです。

女子サッカーも下部リーグの環境は大変と聞きました。そのような中で元なでしこ代表の原がコーチ就任していて、タウンニュースで紹介されています。

www.townnews.co.jp

実績のある指導者がスタッフとしていてくれるのはチームにとって刺激になるでしょう。ゼルビアレディースの歴史はまだ始まったばかりですが、2025年のなでしこリーグ加入を目標に頑張っています。女子チームにも注目しましょう。

今週のホームタウン活動(5/10~5/16)

今週もゼルビアは町田の笑顔のために色々なホームタウン活動をしてくれています。

www.zelvia.co.jp

www.zelvia.co.jp

www.zelvia.co.jp

www.zelvia.co.jp

www.zelvia.co.jp

平本アニキの男気コースウォーキング。ラストの登山が右斜めなコースで、いやこれはもはや道なのか!?参加者の皆さんが不安になったであろう姿が想像できます。迷わず行けよ、行けばわかるさ。ありがとーっ!!🧣

移籍情報

f:id:TanaLife:20180513063734p:plain
栃木SC 2018 移籍情報 | データによってサッカーはもっと輝く | Football LAB

栃木SCの今シーズンの移籍情報です。なんと言っても大黒をレンタル出来たのが大きいですね。ゼルビアも昨年は大黒にやられてしまったので苦手意識を持つ人もいるでしょう。

その他には守備面の補強が上手くいっている感があります。横浜FCの西河や無所属だった田代は守りの中心選手となりました。個人的には岐阜から加入したヘニキは良い補強だと思いました。

システム予想

f:id:TanaLife:20180515222433p:plain
選手は前節のスタメンです

ゼルビアの4-4-2はスタメンの変更があるでしょうか?前節のカマタマーレ戦で祐也と深津が負傷交代でした。藤井や平戸もしくは杉森がスタメン起用されるかもしれません。

また、今週のトレーニングの写真で土岐田が戻って来ていました。サブに入るか分かりませんがひとまず安心ですね。

対する栃木SCの布陣ですが、開幕当初は4バックでしたが3連敗をして3バックに変更しています。そこから堅い守りが戻り以降5勝4分2敗と調子を上げています。

大黒に目が行きがちですが、他にも注意すべき選手が多いです。町田出身のDF服部康平は高さを活かしてセットプレーの得点源でゴールだけでなくクッション役としてアシストもこなします。MF西谷は流れの中における攻撃の起点でありフィニッシャーでもあります。

外国人選手ではMFヘニキはボランチも攻撃MFもこなすマルチ性で中盤を支え、FWネイツ・ペチュニクは189㎝の高さを活かして前線のポスト役となっています。

これらの要注意プレーヤーたちと大黒の一瞬の隙を突きゴールを狙う攻撃の融合は非常に厄介です。そしてご存知の方も多いと思いますがセットプレー、ロングスローで脅威的な強さを見せてきます。例えビルドアップに課題があっても1撃で沈んだチームも多いです。当然ゼルビアもそこは分析して試合に臨むでしょう。

果たして勝利するのはゼルビアのハイプレスサッカーか栃木の高さか?それとも餃子🥟か我々の胃袋か?魅惑のスタグルはあるのか?大穴伝説のお土産イチゴカレーか⁉️🍓🍛

しっかりと分析して試合に臨みたいと思います。まずは栃木の最大の特徴である餃子、違うセットプレーについて分析し、時間があれば流れのプレーを分析してゼルビアのセットプレーが多くなり、栃木のセットプレーが少なくなるようなわがままプレーが出来ないか検討できればと思います。

と言うわけで次回は栃木の餃子について分析したいと思います!(嘘)🥟🥟🥟

 

ゼルビアブログもJ1の舞台を目指します!
ゼルビアブログを世界へ!!
励みになるのでSNS拡散やクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

jleague-tube.hatenablog.com

広告を非表示にする