TanaLifeの町田ゼルビアブログ

ようこそ。FC町田ゼルビアをちょい熱で語ります

町田ゼルビア 2-0 水戸ホーリーホック 3連勝! (2017 第23節)

f:id:TanaLife:20170717113305j:image
公式サイトより

(←プレビューへ) 2017 J2第23節。町田ゼルビア×水戸ホーリーホックの戦いは2-0でゼルビアが勝利しました!ホーム連戦を見事に勝ち抜き3連勝を挙げました!!

夏場に弱いゼルビアがこの時期に3連勝できるなんて戦力がフィットしてきたってことでしょうか!?今後も期待できる勝利となりましたね。

天皇杯で水戸に異変?ボランチの変更

f:id:TanaLife:20170717040431j:plain

ゼルビアは前節と同じスタメンで臨み、ここ2戦勝利無しの水戸は多少の入れ替えをしてきました。水戸は天皇杯以降、内容が良くないとの声があります。

ボランチ橋本晃司でなく佐藤和弘が入っています。最近の守備面を考慮した采配でしょうか(追記 コンディションが悪いようです)。佐藤和弘も数試合ほどボランチ配置されていますが、元はFWもこなす攻撃MFです。水戸はボランチの選手層が薄いようですね。ゼルビアにとってはチャンスでした。

前田大然 前半からフルスロットル

いやー前半は風が吹いていなくて、座っているだけで汗が出てくる蒸し暑さでした。プレーしている選手達はとても大変だったと思います。夏場にハイパフォーマンスを90分継続するのは例えJ1の選手でも無理です。

4-4-2同士の対決でマークを外せないゼルビアはなかなかシュートチャンスを作ることは出来ません。一方の水戸はサイドアタックやロングパスで前田大然にボールを集めシュートまで運びます。前田は守備でも前線で尋常じゃない速さでハードワークを仕掛けます。

ゼルビア守備陣は落ち着いていました。まず際どいこぼれ球はシンプルにクリアすることを心がけていました。その結果、水戸が攻める時間帯が多い前半となった訳ですが、前田のボール奪取を防ぎ非常に効果的でした。ラインコントロールも素晴らしくオフサイドとなる場面もありました。ロングパスを通された後の前田への守備も良かったです。例えば以下のソンギの守備のシーンはファウルにならない絶妙なディフェンスで突破を防ぎました。

競り合って

f:id:TanaLife:20170717042021j:plain

バランス崩させて

f:id:TanaLife:20170717042035j:plain

最後は勝ちます

f:id:TanaLife:20170717042049j:plain

素晴らしい!スピードに振り回されながらも阻止できるなんて凄すぎです!ソンギも深津も本当に良く対応してました。クリアが水戸ボールとなるのでゼルビアは前半なかなか攻められません。

一方の水戸はチャンスとばかりに前田を走らせます。しかしMFの攻撃が単調でシュートまで持ち運べません。印象的なのはゼルビアのプロフェッショナルファウルがほとんど無かったこと。押されている内容でなく余裕のある守備の仕方をしていました。

結局スコアレスで試合を折り返します。ゼルビア目線で観た場合、一見するとモヤモヤな前半に思えますが、結果的に上手く罠を張れました。

カウンター合戦を制しゼルビア3連勝!

f:id:TanaLife:20170717113829j:image
ゼルビア戦士たちは最後まで走りぬいた (公式サイトより)

罠と言うのはまず前田のスタミナを消費させたことです。先にも述べた通り、この時期に90分ハイパフォーマンスを継続するのは不可能です。実際、後半は時間が進むにつれ水戸の脅威はほぼ無くなりました。後半立ち上がりの髙原のスーパーセーブに救われたと言うのもあります。対するゼルビア2トップは前半はちゃっかりサボってました!…言い方悪いですね。休む所は休みハードワークする所はする、メリハリのある守備をしていました。そのおかげで後半も良いパフォーマンスを見せます。

罠はまだあります。水戸が上位のプライドからか前のめりになりました。勝てると踏んだか、後半も前から圧力をかけようとしてきます。この展開、我々が散々見てきたダメパターンです。後半はスタジアムに風が吹き始めました。ゼルビアにとって向かい風となりましたが、ロングパスが通り易くなりそうな良い風です。

水戸が前にボールを運び、ゼルビアが跳ね返してゴール前まで運ぶ展開が増えゴールを狙います。後半14分ヤザー→平戸の交代。ザスパ戦のアシスト、TM札幌戦でのゴールと絶好調で期待が持てます。水戸は守備でも走らされ体力が落ちてきました。後半21分湯澤→船谷の交代。お互いサイドを活性化させようとします。

ゼルビアは後半素晴らしかったです。水戸の攻撃を防いでショートカウンター、ロングカウンターを織り交ぜながらゴールを狙います。後半29分、カウンターからの左サイドのクロスは大きくそれましたが右コーナー付近で戸高が拾い1対1を仕掛けます。そして奥山との連携からペナルティーエリアに進入した所を船谷に倒されPK獲得。裕希が落ち着いて決めてゼルビアが先制します!水戸は守備陣が焦っていましたね。心理面で負けていました。ゼルビアもよくやるので分かります。

ゴール直後に森村→重松の交代。平戸がボランチに移動します。その直後に再びゼルビアのカウンター。後半34分に裕希にパスが通り切り返してシュートまで運びますがDFに足がぶつかり倒れこみます。吉田やソンギなど足が吊る場面が見られました。ゼルビア戦士は皆勝利のため最後まで全力を出していました。

その勇気が報われます。後半39分に深津のロングパスから最後は戸高が決めてゼルビアに追加点!

深津→吉田→(平戸スルーして縦に走る)→戸高→平戸と渡り、上手く溜めてから戸高がフィニッシュ!見事な崩しでした!裕希が痛んで走れないので戸高が入れ替わって中に来ているのですね。チーム一丸となって奪ったゴールです。完璧でした!(吉田のイェイ イェイ イェーイは今回ハイライトに収まらず…)

追加点の直後に裕希は藤井と交代させます。裕希心配ですね…。藤井はボランチに入ると思いきや本来のCBに入ります。5-4-1か?と思ったらソンギが下がらずFWの位置にいます。前田相手に走り抜いたソンギも限界ギリギリだったのですね。交代枠が無いので負担の少ないFWに移しました。それでもソンギは懸命に前で守備をしていました。ゼルビアは繰り返し敵陣でボールキープして見事ゲームを2-0でクローズさせました。

終了後にピッチに倒れ込む選手も多く見られました。皆最後までハードワークし良く戦い抜きました!

今季初の3連勝で僕のタオルマフラーは誇らしげにしていました。戸高のコンディションが良く最後までボールが持てる選手がいるのは非常に助かりますね。平戸も徐々に才能の片鱗を見せ始めました。この2人の活躍が、夏場に弱いゼルビアのイメージを払拭してくれそうな勢いです。遂に水戸に勝利しましたしバルスも阻止できました。今日は本当に素晴らしいゲームでした!お疲れさまでした。次も期待したいですね!

いやぁ嬉しいぃぃ〜♪ ヽ(´▽`)/

(おまけ)

f:id:TanaLife:20170717113355j:image
公式サイトより

ヤザック爆誕!(笑)

 

ゼルビアブログもJ1の舞台を目指します!
ゼルビアブログを世界へ!!
励みになるのでクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

広告を非表示にする