TanaLifeの町田ゼルビアブログ

ようこそ。FC町田ゼルビアをちょい熱で語ります

町田ゼルビア 1-1 ツエーゲン金沢 NO ZELVIA, NO LIFE. (2017 第37節)

f:id:TanaLife:20171016185123j:image
公式サイトより

(←プレビューへ) 2017 J2第37節。ホームで行われた町田ゼルビア × ツエーゲン金沢の戦いは1-1の引き分けでした。前半悪かったけどよく追いついてくれました。後半は勝てそうな展開でしたがツエーゲンも必死に守り得点ならず。悔しい〜!

もうこの時期の雨は観戦には寒いです。皆さん風邪など大丈夫でしたか?僕は完全装備で試合に臨みました。

【そうび】

ロンT、ネルシャツ、パーカー、レインジャケット、タオルマフラー(いつもの)、ドット画T、ポンチョ、タオルマフラー(タワレココラボ ←New!!)、ステテコ、ジーパン、ブーツ

※ツッコミは受け付けません

ゼルビアを支える男 土岐田がスタメン

f:id:TanaLife:20171016171310j:plain

ゼルビアは深津と怜大が負傷中で、マグが出場停止のため普段と異なる守備メンバーの構成となりました。CBは藤井と大谷のコンビ。ソンギは遠征から戻ったばかりですがベンチ登録されました。右SBに奥山、左SBには土岐田が起用されました。その他のスタメンは前節と同じです。

ツエーゲンは前節と同じメンバーで挑んで来ました。

天気予報の通り雨は止みません。ここはご存じヤサガラス先生の出番だと思いました。

天空の城 野津田を墜とすことができるかな?母ちゃん!

両チームとも4-4-2のため局所でデュエルが多くなりそうな激しい戦いを予想していました。ちなみにこれがやっさんの母ちゃんです。

今年のマスコット勢は斜め上感がハンパねぇ!!

開始早々の失点と狙い通りの同点

開始1分のFKからビッグチャンスを作るゼルビア。イケる!と思って期待していました。友人がツエーゲンの注意人物は誰?と聞くものですから「佐藤洸一だ。J2屈指の点取り屋であり、アイツにゴール前で自由にさせてはいけない」と言い終わったら見事に決められました。

( ;´Д`) いきなり何してくれるんじゃ…

クロスがマイナス気味であの態勢で枠に飛ばすだけでも相当な身体能力なのに、超絶角っこに蹴りおって!あんなの防げんわ!!

サイドチェンジされての素早いカウンターでしたか。守備陣はリトリートを選択しましたがダメでした。ハイライト動画を追うと所々でもっと全力でマークしていたら防げたかもと思いますし大谷が山崎に釣られ過ぎとも思いますが、そもそも簡単にサイドチェンジをされた攻守のバランスの悪さが問題でしょうからここはツエーゲンの攻撃を褒めましょう。悔しいっ!

開始6分で劣勢となりましたが慌てる時間ではありません。雨のせいでボールコントロールが上手くいきませんが慌てる時間ではありません。カウンターを喰らいCKを奪われますが慌てる時間では…

慌てとる…( ;´Д`)

と思っていたらゼルビアが同点に追いつきます!得点は髙原のロングパスから始まりました。

戸島が空中戦に競り勝ち裕希が拾って左サイド寄りのスペースでキープ。それと同時に吉田はゴール中央へ位置取りし2トップでツエーゲンのDF3人を引きつけることができました。裕希は横の平戸にパス。平戸のトラップミスがまさかの股抜きパス。受け取った吉田(オフサイド微妙!)がFWらしい振り向きざまのシュートを放ち、ポストに当たりこぼれ球を平戸が押し込みます。

190cmの戸島を活かした縦ポンから相手の急所を突く攻撃でした。戸島が競り勝った後に自身はサイドに移動し、裕大が猛ダッシュで中央→右サイドに移動する動きなどかなりトレーニングされていると思います。ヒヤヒヤしましたがナイスゴールでした!

その後もツエーゲンの早いサイドアタックに手を焼くもののゼルビアは耐え凌ぎます。38分の守備ではスライド対応で佐藤へのクロスを土岐田が渾身のカット。珍しくガッツポーズ!42分は大ピンチでしたが髙原がビッグセーブ。若い守備陣をベテランが支えて何とか前半を同点で終わらせることができました。

相馬監督の言葉で選手の動きが良くなるも追加点ならず

前半の内容は相馬監督も不満に思っていた様でハーフタイム中に選手のメンタル部分を立て直したとのことです。それが功を奏し後半のゼルビアは怒涛の反撃を仕掛けました。特に森村が投入されてからの押し込みはゴールを期待できました。ツエーゲンのプレスを戸島がいなす場面や守備陣の素晴らしいタックルなど見応えがありました。(失点しそうなシーンもあったけど雨だからしょうがない!)

良い流れでしたが前線のメンバーは雨で足が重いせいか動きが止まるのがいつもより早く感じました。吉田→戸高の交代は後半30分でしたがもう少し早めが良かったと思います。その後もゼルビアはチャンスを作りますがゴールが決まりません。チーム得点王の裕希にシュートチャンスが少ないのが悩みどころです。この日もシュートは1本のみ。でもチームのためにチャンスメイクに勤しむ裕希はイケメン!

後半は互いにビッグチャンスを決めきれないまま試合終了となります。悔しいですが見応えはありました。

ホームで勝てん!頑張っているが勝てん!

プレッシャーに萎縮しているのですかね〜。相馬監督は楽しむこと、チャレンジすることでプレッシャーを跳ね除けたいそうです。折角なのでタレとか見ていないメンバーを出場させてほしいっす!残りのゲームも厳しい戦いばかりですが色々チャレンジしている姿を見せてほしい!

最後に谷原章介さん、冷たい雨の中今年も来てくれてありがとうございます。白パンツ似合い過ぎですぞ!タスクさんが雨の中スタジアムへ駆けつける我々のことを最大の愛情を込めてイッちゃってるって言ってたけど、谷原さんもイッちゃってるぜ!!そう。だって僕たちこうでしょ!?

 

 

 

ゼルビアブログもJ1の舞台を目指します!
ゼルビアブログを世界へ!!
励みになるのでクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

広告を非表示にする