TanaLifeの町田ゼルビアブログ

ようこそ。FC町田ゼルビアをちょい熱で語ります

2017 第37節 町田ゼルビア vs ツエーゲン金沢 プレビュー

f:id:TanaLife:20171011173205j:image
公式サイトより

J2第37節。10/15(日) 15時に行われるホームゲームの対戦相手はツエーゲン金沢です。過去の対戦ではゼルビアは負けたことが無い相手なので前向きに捉えつつ勝利を掴みとりたいです。

ちなみに前回の対戦では前半に2点獲ったにも関わらず後半失速して2-2のドローと言う内容でした。振り返ると今年のゼルビアを象徴するゲームでしたね。その時のブログはこちらです。

ちょっとネガティヴな出だしになってしまったのは絶対に勝って欲しいからです!是非ホームで意地を見せて欲しい!!

小国アイスランドにゼルビアの理想を見た

ゼルビアとは直接関係無いのですが、W杯出場国が次々に決まるなか人口33万人ほどのアイスランドが初出場を決めました。町田市より人口が少ないにも関わらずヨーロッパで活躍している背景が気になって現在情報を集めています。どうやら育成の取り組みが素晴らしいみたいで、ゼルビアの理念と照らし合わせても理想的なものではないかと思いました。

もう少し色々調べて今シーズン終わったらゼルビアが学ぶべき事の観点で記事にしてみようかなと考えています。良いものが書ける自信はありませんけど (^^;)

マグ出場停止 ゼルビア守備陣は佐藤洸一を止められるか

f:id:TanaLife:20171011181553j:plain
選手は前節のスタメンです

基本システムが4-4-2の両チーム。激しいデュエルが繰り広げられるなか、どの様に相手を崩すのか手に汗握る展開になりそうです。

ツエーゲンはエースの佐藤洸一と調子の良い選手が2トップを組みます。ここ数試合は山崎と組んでいますね。MF中美も中心選手としてツエーゲンでもゴールを量産しています。中美はボール奪取能力も高いのでプレスも要注意です。ゼルビア目線で気になるのはDF太田康介ですが、夏の移籍でセレッソからレンタルしたDF庄司朋乃也にポジションを奪われている状況の様です。

一方のゼルビアはCBに変更がありそうです。マグが警告累積により出場停止となります。アジア杯予選でレバノンから帰国したばかりのソンギを起用するか大谷をCBに移すか、いずれかを藤井と組ませることになると思います。SBの怜大は復帰するでしょうか。いつもと異なるメンバーで挑むことになりそうですがツエーゲンのエース佐藤は止めなければなりません。ゼルビア守備陣は正念場です。活躍を期待しましょう。

セットプレーで優位に立てる 天候が気になるが迷わずアタックチャンスだ!

※以下のデータは全てFootball LAB より引用

f:id:TanaLife:20171011173254j:image

ツエーゲンの前節までのサマリーです。ツエーゲンは守備に難のあるチームですが、プレスがハマると厄介なチームです。グランパスにダブルするとかどうやったら勝てるのか教えて欲しいです。佐藤はJ2屈指の点取り屋でパワー、高さ、足元の技術が高くゴールの取り方を知っています。ゼルビアはまずゴール前の佐藤に対するパスを通さない様に守る必要があります。

一方不得意なのは攻守ともにセットプレー。この点でゼルビアが優位に試合を運ぶことが期待できます。続いてツエーゲンの前節スタメンのデータを見てみましょう。

f:id:TanaLife:20171011173312j:image

ホームで愛媛相手に4-1と快勝でした。先制点は愛媛のゴールキックを跳ね返し、ゴール前に抜けたクリアボールを佐藤が相手DFを吹っ飛ばしつつ拾ってゴールを決めています。フィールド中央付近でのボールの運び方に注意が必要です。サイドの選手のドリブル突破も良いものがあります。戸島と平戸は守備面でも活躍が求められます。

一方ゼルビアの前節スタメンのデータは以下となります。

f:id:TanaLife:20171011173332j:image

V・ファーレンが割とボールを持たせてくれるので攻撃グラフが全体的に高いですがシュートチャンスは終盤までは余りありませんでした。ゴールシーンの様にボランチの選手がペナルティエリア付近で起点となり、裕希らFW陣が斜めに走ってきて相手の隙を突きシュートまで運ぶ形はツエーゲン戦でも効果的な形なので狙ってほしいです。

守備面でハンジェが途中交代にも関わらずグラフが高いですね。持ち前の守備力を発揮していました。しかしチームとしてはボールロストの仕方が悪く前がかりになりながらゴール前で跳ね返されてカウンターを喰らう場面が何度かあったので見直したいところです。更にはラインコントロールも兼ねた守備時の位置取りが深津不在の影響が出ているためこの1週間で修正されているか確認する必要があります。

守備面での課題修正が気になってしまいましたが、ツエーゲンのデータ分析で書いた通りセットプレーは優位に立てるはずです。ボランチが前線でタメを作り中央突破、サイドアタックを効果的に仕掛ける事が出来れば勝利する可能性は高いのではないでしょうか。

もう一つ気になる点があります。天候ですね。週間予報では雨は避けられない様です。その中でゼルビアは上手くボールを運ぶ事が出来るでしょうか。出来ると信じます!僕とタオルマフラーは多少の雨でもスタジアムに行く決意を固めました!雨が降ろうが槍が降ろうがこの試合勝つのは当然ゼルビア!残り6試合全て勝利する気持ちで、さあまずはホームで1勝しましょう!! (続く→)

 

ゼルビアブログもJ1の舞台を目指します!
ゼルビアブログを世界へ!!
励みになるのでクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

広告を非表示にする