TanaLifeの町田ゼルビアブログ

ようこそ。FC町田ゼルビアをちょい熱で語ります

町田ゼルビア GK選手&監督 2017年J2前半戦 総評

f:id:TanaLife:20170706161856j:image
公式サイトより

2017年のJ2リーグは21節が終了し、今週末から後半戦に突入します。町田ゼルビアは奮闘するものの現在16位となかなか厳しい位置にいます。

期待の意味も込めゼルビア戦士の前半戦を総括しています。最後はGK選手と監督編です。

※選手の写真は公式サイトより。またデータはFootball LAB およびSports nabi より引用しています。

【GK】

1 碓井 健平

f:id:TanaLife:20170706164640j:image

今シーズン未出場 (グラフ無し 以下同)

碓井健平 2016 選手データ | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~

第19節長崎戦まではほぼ第2GKでしたが、天皇杯以降はベンチから外れています。練習参加はしているみたいなのでチーム内順位が入れ替わったかもしれません。

30歳とGKとして成熟しつつある年齢で、ベテランとしてもチームに欠かせない存在となれるか勝負の後半戦です。

21 髙原 寿康

f:id:TanaLife:20170706163914j:image

21試合出場

高原寿康 2017 選手データ | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~

2014年のシーズン終盤以降、不動のレギュラーとしてゴールを守ります。セーブポイントはJ2で9位と中位ですが、ゼルビアは相手にシュートをそこまで打たれないので好成績と思います。今年も決定的なピンチを何度も防いできました。

一方でCKなど横からのボールに対する処理や、バックパスの対応などでミスが目立つようになりピンチを作る場面も見られます。36歳と大ベテランなので少し今までと感覚が変わってきたでしょうか。課題を克服し円熟したセービングをこれからも連発してほしいです!

31 渡辺 健太

f:id:TanaLife:20170706165112j:image

今シーズン未出場 (データ無し)

19歳の188cmキーパーは着実に成長しているようです。試合出場は無いものの天皇杯以降は続けてベンチ入りしています。髙原からポジションを奪うのは大変ですが、近い将来にこの若いGKがゼルビアのゴールを守る日が来るのかもしれません。さらなる成長を期待しましょう!

34 福井 光輝

f:id:TanaLife:20170706165128j:image

今シーズン未出場 (データ無し)

日体大から特別指定選手として加入した22歳のGKです。第10節水戸戦でサブメンバーに登録されました。

同じ年齢なのでどうしてもユース出身でサウルコス福井に移籍した千葉奏汰と比較してしまいますね。千葉はスタメンとして活躍しているようです。福井がこのまま正式に加入されるか注目です。

GK総括 髙原の代役が不在

f:id:TanaLife:20170706165246j:image

ご承知の通り髙原が不動のレギュラーとしてゴールを守る状況です。天皇杯で控えのGKにチャンスが与えられるものと注目していましたが、髙原が出場し、天皇杯は残念ながら敗れてしまったため他のGKの実力がまだ分かっていません。

上述の通り髙原にミスが目立ってきたにも関わらずレギュラー交代がないので、髙原と他のGKとに実力差があるものと思われます。渡辺など若いGKがチャンスだと思いレギュラーの座を奪う事があれば、良い競争が生まれるかもしれません。髙原もうかうかしている状況ではないので一層頑張ってほしいですね!

【監督】

相馬 直樹

f:id:TanaLife:20170706171101j:image

16位 6勝8分7敗 27得点 27失点

相馬ゼルビアは16位と厳しい位置にいますが、J2定着の目標に対して、油断は禁物ですが今年もクリアできるのではないかと思われます。

目標に対しブレずに戦う姿勢は相馬監督のポリシーであり、選手もその方向性に賛同しておりチームはまとまっています。しかしホーム勝率が悪く、目標と娯楽性が乖離している点を修正する必要があります。

決断が遅いため勝ちきれないゲームが多いです。自身も分かっている様なので村主ヘッドコーチとともに改善してほしいです。

チーム総括 やはり課題は守備面

f:id:TanaLife:20170706223721j:image

FC町田ゼルビア 2017シーズンサマリー | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~

攻守一体のハイプレス&コンパクトサッカーを展開していますが、弱点を的確に突かれ勝ちを逃す傾向にあります。

相手にチャンス構築およびシュートを打たせていないにも関わらず失点は平均1点を超えています。コンパクトな陣形の裏を狙われ縦パス1本で失点、または逃れたCKで失点しているからです。特にセットプレーの失点は減らしたいです。裏からニアに走りこまれるのが防げていないので改善が必要です。

まとめるとゼルビアは攻撃面では復帰選手に期待ができそうで守備面は課題が多く、前向きに言えば、戦略的な見直しと全体的なスキルの向上ができればもう少し上位で戦えるのではないかと思いました。

 

週末が近づいてきましたね。いよいよ後半戦です。ゼルビア戦士は次も全力で戦ってくれるはずです。我々は様々な想いの詰まったスタジアムで懸命に応援し楽しむのみ。

皆さん次の試合もスタジアムでお会いしましょう!!

 

ゼルビアブログもJ1の舞台を目指します!
ゼルビアブログを世界へ!!
励みになるのでクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

広告を非表示にする