TanaLifeの町田ゼルビアブログ

ようこそ。FC町田ゼルビアをちょい熱で語ります

愛媛FC 1-1 町田ゼルビア 飛び出しのリスクダメージ (2017 第29節)

f:id:TanaLife:20170822132829j:image
公式サイトより

(←プレビューへ) 2017 J2第29節。愛媛FC × 町田ゼルビアの戦いは1-1の引き分けでした。先制しましたが追いつかれてしまったので悔しさが残るゲームでしたね。

孝司スタメン!裕希との2トップ

f:id:TanaLife:20170822133858j:plain

ゼルビアのスタメンですが孝司が名を連ね、今季初の裕希とのスタメン2トップが遂に実現しました。コンディションと周りとのコンビネーションが気になるところですが、期待がはるかに上回ります。出場停止の深津の代役は予想通りマグでした。中盤のメンバーは3試合連続で同じメンバーです。

一方の愛媛FC鈴木隆雅が今季初のスタメン入り。元アントラーズの若い選手です。左SBが主ポジションですが、ユース時代からオールラウンダーとして活躍していた様です。おそらく愛媛は有田がトップ、鈴木と河原の2シャドーの布陣だと思います。

両チームともやり方は違えど相手を封じながらチャンスを伺うサッカーをします。連戦かつ酷暑もあり、接戦が予想されました。

接戦の中、愛媛のミスからゼルビアが先制

愛媛のドリブルはゼルビア守備陣にプレッシャーを与えていました。そんな中、藤井が開始14分でイエローをもらってしまい緊張が走ります。順位的にもほぼ互角な両チーム。チャンスは作るもののラストパスが合わず試合は均衡。見応えはあるもののゴールの匂いが余りしない展開だったと言えるでしょうか。愛媛の狙い通りとも言えるかもしれません。

なかなかシュートまで運べないゼルビアでしたが、前半35分に先制します!こちらのゴールキックからの競り合いによるこぼれ球を裕大が奪い瞬く間に前線にロングパス。裕希には合わずDF林堂がバックパスしますが、GKパク・ソンスが飛び出しモーション中でバックパスに反応できずオウンゴールとなります。

縦ポンに対して積極的なGKは飛び出しが早いですが、経験が浅いとボールがどこまで飛んでくるか、DFに処理を任せるかの判断ができない。まっすぐ向かってくるボールに対してその判断を瞬時にするのはもちろん相当難しいですが、野生的なプレーが仇となりました。ゼルビアとしてはミスを誘発した裕大の素早いショートカウンターを評価しましょう。

前半はゼルビアが先制して折り返しますがどうも押しているとは言えません。相変わらずセットプレーは精度を欠きますし、流れからチャンスが作り出せません。

オフサイド取ってもらえず手痛いドロー

後半立ち上がりのチャンスも精度を欠いて得点を奪えません。グランパス戦では連動性のあるサイドアタックを見せましたが、堅固なブロックを形成する愛媛には未然に防がれます。そして愛媛に揺さぶられた結果、攻守のバランスが乱れて追いつかれてしまいます。

後半9分。オフサイドです (;´д`)

いや取ってもらえんのか〜。これゴール認められたらさすがに辛いな〜。僕のタオルマフラーはゴールが不服で荒れています。でもセカンドボールを拾われるだけの場面が、おいおい裕大も奥山も間に合わないのに詰めちゃうんだもんな〜。それは大ピンチ招くわ!こちらも野生的なプレーが仇となりましたね…。

試合は愛媛の方がチャンスまで運ぶ展開がやや目立ちますが、髙原の頑張りもあり1-1のドローで試合終了となります。ラストチャンスで平戸が大きく枠を外したのはさすがにガッカリしてしまいましたが、この時期は酷暑で仕方なしと思うことにしています。戦っている選手は相当辛いハズです。

ゼルビアは中3日での試合にも関わらず中盤のメンバーを固定させたのが失策だったでしょうか。少しバテ気味でしたね。ヤザーやハンジェなどのベテラン勢をこの連戦で上手く活用できなかったのは残念です。

今は連携を高める我慢の時期

何気ない場面でも中盤のパフォーマンス次第で一気にピンチとなるのが今のゼルビアです。愛媛の様にしっかり引いてブロック作る守備もできたらレスターの様なサッカーに近づくのですがね。もう少し時間がかかりますね。

ただ孝司が90分プレーできました。今節はFW陣にシュートチャンスが少な過ぎでしたが、これから中盤との連携を高めていく段階です。負けなかったことも含めてポジティブに捉え、次の松本山雅とのホームゲームに臨んで良いのではないかと思いました。ここで大爆発してもらいましょう!

 

 

ゼルビアブログもJ1の舞台を目指します!
ゼルビアブログを世界へ!!
励みになるのでクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

広告を非表示にする