TanaLifeの町田ゼルビアブログ

ようこそ。FC町田ゼルビアをちょい熱で語ります

アビスパ福岡 2-2 町田ゼルビア お前の力見せてやれ!(2018 第21節)

f:id:TanaLife:20180705020631j:image
フォトギャラリー:明治安田生命J2リーグ第21節vsアビスパ福岡 | FC町田ゼルビア オフィシャルサイト

2018 J2第21節。アビスパ福岡×町田ゼルビアの試合は2-2の引き分けで幕を閉じました。2点ビハインドのなかゼルビア戦士は最後まで諦めず残り10分で追い付く魂のこもったプレーを見せてくれました。熱いぜ。

第21節はこんな記事も書いています。良かったらご覧ください。

分析メモ マッチレビュー

アビスパ苦手布陣で来たる

f:id:TanaLife:20180705015514p:plain

4-4-2のゼルビアは基本的には前節と同様のメンバーですが、下坂がアビスパとのレンタル契約の都合上出場できませんでした。従っておっくんを左SBにして右SBに大谷を起用してきました。大谷はヘッドバンドをしていたので前節欠場したのは頭部に何らかの負傷があったものと思われます。コンディションがやや不安です。

そしてサブに負傷していた祐也と戸高が復帰しました。またSHのポジション争いが激しくなりそうです。

一方のアビスパは3-4-2-1。ゼルビアの苦手フォーメーションで挑んできました。メンバーもゼルビア仕様でしょうか。CBに欠場の篠原に変わり加入したばかりの古賀太陽を起用。DHは鈴木と枝村、WBは復帰の輪湖とユ・インス。OHに松田とアビスパの魂である城後がスタメンに入りました。CFはドゥドゥです。

苦手3-4-2-1チームのビルドアップに対してどれくらいプレッシングを仕掛けることが出来るか。雨の降る福岡、町田は曇っていましたが再び湿気吸収役として吊るされる僕のタオルマフラー。白熱の試合が始まりました。

強さを見せるアビスパ

ぐはぁッ!!強いーッ!!

立ち上がりからアビスパが攻守に渡り強さを見せつけてきました。ゼルビアの攻撃やセカンドボール回収で効果的なアタックがなかなか出来ません。当たりも強い。SB-CB間も狙ってくる。これはいつも通りにはいかないな、と思っていたら10分で失点してしまいました…。

サイドチェンジされて完全に崩されました…

アビスパのソリッドな攻撃。

f:id:TanaLife:20180705015408p:plain

流れ的にはアビスパの左サイドでのスローインからの攻撃を自陣で防いだゼルビアだったのですが、クリアボールが浅くセンターライン付近で岩下に回収されてしまいサイドチェンジされてしまったのでした。

ゼルビアはプレッシングを仕掛けながらスライド対応しますが間に合わず失点という訳です。クリアボールの精度1つで致命的な状況となるのが横圧縮して守るチームの宿命。改善していければと思います。

相馬監督からすれば前半はアビスパのエネルギーに押されて怖がるプレーをしてしまった、と言う場面なのでしょう。確かにアビスパの勢いは凄かったです。

そして24分に2失点目。今年は少ないセットプレーからの失点でした。岩下のシュートは見事でしたが、ファーサイド深めへのクロスを跳ね返すのは難しかった…。これが弱点なのかどうか今後同じボールが来たときに対応できるか、皆さんも覚えておきましょう。ひとまず仕方ない失点ということにしておきます。トホホ…

前半のアビスパの試合展開は流石だったと思います。ゼルビアを応援する身としては、昨年レベスタで活躍した吉濱の負傷交代もあり、これは厳しいなと、なかなかの精神的ダメージを負いました。しかし僕たちは知っています。ゼルビア戦士が絶対に挫けないという事を。

諦めないゼルビアここにあり

後半は相馬監督が選手たちに勇気を持って戦い、ボールを受けチャレンジすることを選手に伝え、まさにその通りの戦いを行います。後半に見たゼルビアは戦うゼルビアでした。

僕のゼルビアブログを見てくれる方に伝えたいことの一つ。ゼルビアの最後まで諦めない闘志。我々がここまで戦えている本当の理由。

後半のアビスパはカウンターでゼルビアにトドメを刺そうとします。そのため守備ブロックを自陣内に設定しました。ゼルビアは当然押し込みます。アビスパの守りは堅い。しかしアビスパは次第に強度が低くなります。振り返るとアビスパは前半飛ばしていたのですね。素晴らしい攻撃でしたが90分待つ訳がありません。今度は我々の番です。追い込まれたゼルビアの強さを思い出させてあげましょう!

83分。前半終了前に負傷した吉濱に代わって出場した平戸の美しいFKから大天使裕希さんが今季何度目だと言いたくなるスーパーなヘディングゴール!昨年の戦いをいやが上にも思い出させます。ヒートアップしてきたッ!!時間は…まだある!!

アビスパとしては3点目を取れなかった事を悔やんでいるでしょう。しかし例えフルパワーで挑んできても今のゼルビアから3点取るのは流石に難しいと思います。得点が動いた後のアビスパのCK。ギリギリの攻防を耐えたゼルビアが強い気持ちを見せます!

戸高復帰ゴールキター!!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

裕希さんがサイドに開いていたのがポイントですね。ゴールに直進するドリブルだったら止められていたかもしれませんが、ノーマークの裕希さんのクロスは絶品です。皆良く走りました!!

試合のターニングポイントはドリアンを交代出場させ、戸高をCHに配置したことで間延びしたアビスパに圧力のある攻撃を仕掛けられる様になったことでしょう。点を取りに行く采配とアビスパの強度低下が合わさり同点に追いつくことが出来ました。本当に熱いゲームでした。これでアビスパの事を目覚めさせてしまったかもしれませんね。次回対戦では十分に気を付けて挑戦しましょう。

選手・スタッフの皆さん。ファン・サポーターの皆さん。今節もお疲れ様でした。前半戦を終えてゼルビアは3位です!シーズン前はここまで面白いサッカーが出来ると思えなかったです。いや本当に良くやってくれています。また時間作って前半戦の総評が書けたらと思います。

お次のゲームはホームでの栃木SC戦です。飲み会等で時間ありませんが、どうした?栃木!?と言うことで試合直前までに分析メモ残せたらと思います。二日酔いならない様に祈ってください!今回はここまで。次のプレビューでお会いしましょう。それでは🌟

 

ゼルビアブログもJ1の舞台を目指します!
ゼルビアブログを世界へ!!
励みになるのでSNS拡散やクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

jleague-tube.hatenablog.com

広告を非表示にする