TanaLifeの町田ゼルビアブログ

ようこそ。FC町田ゼルビアをちょい熱で語ります

2018 第21節 アビスパ福岡 vs 町田ゼルビア プレビュー 〜分析メモ〜

J2第21節。アビスパ福岡×町田ゼルビアのプレビュー、今回はW杯の影響もあって試合直前のちょーざっくり分析メモだけですが、お楽しみいただければと思います。アルビレックス戦のマッチレビューはこの後仕上げます🙇‍♂️

アビスパは今年もJ1を目指せる力を持っていますが連敗中で勝利しか見えていないはずです。気を引き締めましょう!アビスパの分析ブログを書いている方がいらっしゃいますので、詳しく知りたい方は以下よりご覧ください。

zaka-think.com

第21節はこんな記事も書いています。良かったらご覧ください。

分析メモ マッチレビュー

第18節 熊本 0-1 福岡

ショートカウンターが炸裂して森本がゴールを決めて勝利しています。ハイライトの印象ですとアビスパはオールラウンダーな攻撃が出来るチームだなと感じました。

zaka-think.com

ポジティブトランジション

ボールを奪取してからのカウンターは破壊力があります。2トップ、森本はポストプレーとゴリブル。ドゥドゥはフィジカルとテクニックを駆使して積極的にボールを前に運びます。タメができたらMF陣の駆け上がりも巧みに利用します。ゼルビアにとっては如何にサイドに追いやってリスク低減出来るかが重要ですね。ドゥドゥには本当に注意!

敵陣でのポジショナルな攻撃

今年のアビスパは2トップのバランスが良さそうで、周りも活きている印象です。ゼルビアのコンパクトな守備の中でもアビスパもコンパクトになり崩してくるのではないでしょうか。

f:id:TanaLife:20180630134732p:plain

気を付けたいのは鈴木惇の針の穴を通すようなパス、そしてCH→SH→FWの連携です。アビスパのSHが中寄りのポジショニングをしてMF-DF間かつハーフスペースでボールを受け取り2トップと逆サイドのSHの連携で中央から切り込みゴールを狙う形を持っていそうです。いかに起点を作らせないか。悪天候でなければ注意ポイントとなります。

自陣でのブロック守備

アビスパは特に布陣にこだわらないのが特徴のため3バックか4バックでくるのかは始まらないと分からない所があります。しかし自陣では8人でブロック守備を形成してくるでしょう。ロアッソ戦では横圧縮したブロック守備を見せています。ゼルビアとしてはボールサイドで激しい攻防が予想され、逆サイドのSBがどれだけ攻撃に絡めるか見てみたいです。

第19節 福岡 0-2 新潟

アルビレックスの分析時も見ましたが、今回はアビスパ側の視点で観察してみます。とにかく安田のFKが見事でした。

zaka-think.com

セットプレー(守備時)

CKの守備はオーソドックスで、ストーン2枚をニアサイドに配置したマンマークです。GK圍が飛躍的な成長を見せています。遠目のヘディングシュートでゴールを割るのは厳しいかも。高さに強いことから前へ出る傾向がありそうなので、おびき出すボールで隙を狙いたいです。

第20節 大分 1-0 福岡

前節のゲーム。大分が上回っていたようですね。アビスパトリニータに合わせて3バックの模様。

zaka-think.com

ネガティブトランジション

アビスパの失点シーン。ロングカウンターを受け全力で戻るもトリニータに右サイドからニアにクロスを入れられてゴールされています。しっかりと戻って自陣で守備ブロックを作りましたが、ブロック形成を優先しすぎている気がします。

f:id:TanaLife:20180630131645p:plain

また弱点とも言えると思いますが、斜めに侵入してくる相手に弱いです。アビスパはセットプレーとクロスからの失点で5割弱ある(と言っても10失点無く堅守です)ので、ゼルビアにはダイアゴナルな動きを意識して攻めてほしいです。

まとめ

  • アビスパがどんな進化を遂げようとゼルビアにはこの男が付いている!!

大天使裕希さん!よろしくお願いします!

それでは皆さんアビスパ戦もしくはアルビレックス戦(これから頑張る)のマッチレビューでお会いしましょう🌟

 

ゼルビアブログもJ1の舞台を目指します!
ゼルビアブログを世界へ!!
励みになるのでSNS拡散やクリック応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ

jleague-tube.hatenablog.com